給料だけで判断しない

生きていくためにはお金が必要ですし、給料の額面に目を向けるのは当たり前。ただ、給料が高額だったとして、その仕事が自分に合っていなければ、いずれ転職したいと考えることになります。また、給料が他の求人よりも高額でも、その会社は残業代が出ない、ボーナスが出ない、福利厚生が充実していないなど、意外な落とし穴が潜んでいることもあります。求人を選ぶ時は、給料の額だけでなく、賞与、手当て、待遇など、様々な角度から分析し、判断するようにしてみましょう。

一生役に立つスキルが身に付くかどうか

終身雇用制度は崩壊しつつあり、同じ会社で定年まで働くのが難しくなってきました。安定して働き続けるためには、働きながら手に職をつけるということが重要です。仕事を通して一生役に立つようなスキルを身に付けることにより、どこに行っても通用する、必要とされる人材になることができ、採用難の時代を難なく乗り切ることができます。求人を探す時は、仕事を続けてどんなスキルが身に付くのか、将来的なキャリアアップは目指せるのかなどを考えながら、選ぶことが必要です。

やりたい仕事がどうか

仕事を選ぶ時は、給料や通勤のしやすさだけでなく、「やりたいかどうか」「向いているか」という点で考えることも必要です。同じ職業、会社でも業務内容は複数あり、取り組む仕事内容は状況によって変わってきます。求人の段階でその会社は何を作っている会社なのか、自分はどんな仕事をすることになるのか、できるだけ具体的にイメージできるようになることが大切です。そうすることで「思い描いていたものと違う」というような、入社後のギャップを防ぐことができます。

ネットワークエンジニアはいろいろな言語を駆使できることが重要です。取引先のシステムやニーズに幅広く対応できるからです。

How To Change Your Career
Latest Posts
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031