工場求人の比較のポイント

もちろん大手メーカーの工場に勤務するほうが良い条件となっています。ところが大手の求人では、その多くが「大卒のみ」だったり「新卒のみ」だったりして、非常に狭き門となっています。なかには中途採用で高卒以上という条件で募集している職種もありますが、そのほとんどは契約社員や派遣社員での募集となっています。安定を求めて、正社員の募集のみに絞って探していると希望の職に就くことが難しいのが現状です。

正社員として中小工場で働くことと、派遣や契約として大手工場で働くことのどちらがより良いでしょうか。雇用形態としては正社員のほうが安定感を感じますが、中小工場では給与面での確認事項があります。それは募集要項の賃金例と基本給との比較です。募集要項に月給30万円以上とうたわれていても、基本給が16万円からとなっているなら、相当量の残業や休日出勤があると考えるべきです。大手メーカーであれば労組もしっかりしていることから、このような事例はあまりありません。

福利厚生も要チェック

給与や休日だけではなく、福利厚生の体制を確認することも必要です。たとえば大手なら、無料や格安で入寮することができたり、その寮費に水道光熱費が含まれているから実質負担が0円になったりします。また工場内に食堂が併設されていることも多く、格安で食事を提供してくれることも珍しくありませんし、通勤手当もきちんと支払ってもらえます。

仮に中小工場の正社員と大手の契約社員を比較して、一見正社員のほうが良い条件に思えても、寮費や食事、通勤手当なども総合的に考えて検討することが大切です。中途採用や契約社員から正社員への登用が期待できることもあります。

大阪の工場の求人は、製造業から食品加工業まで様々なものがあり、職場によっては経験やスキル、資格などを生かすこともできます。

How To Change Your Career
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031