工場の仕事内容について

工場の仕事には大きく分けて3種類あります。まず作業者が行う「製造ライン」は、部品の組み立てや材料を加工機に入れる、部品を機械などで加工、仕上がった製品や部品の検査や仕分けを行う職種です。次に「部品供給」は、作業者が使用する部品を倉庫などから運搬する仕事で、台車では運べない重いものは、フォークリフトを運転することもあります。3つ目はスーパーバイザーが行う「ライン管理」で、製造ラインが問題なく動いているかのチェック、トラブルがあった時の対処、作業者のシフトの管理などを行います。職種を選ぶポイントとして、重いものを運ぶことが少ない「製造ライン」は女性向き、「部品供給」はフォークリフトが運転できるといったスキルがある人や体力のある人向き、「ライン管理」は現場全体を把握し、臨機応変に対応できる能力がある人に向いていると言えるでしょう。

福利厚生や地方での求人事情

工場の休日は週休2日制が多いものの、祝日は生産性の安定を図るためにも稼働している工場も多く、休みはないと考えたほうが良いです。しかしその分GWやお盆、年末年始は長期休暇になります。保険や年金は「社保完備」となっていれば、雇用保険、健康保険、厚生年金などに入れ、加えて団体保険や企業年金があれば、かなりしっかりした工場です。さらに寮費補助があるのも工場勤務の特徴で、工場は2交代や3交代勤務が多く、夜勤も発生します。そのためできるだけ体への負担を軽減するべく、職場近くの寮に入ると、費用の一部を負担してくれるメリットもあります。また地方での仕事も、工場勤務はおすすめです。大手メーカーの工場は地方にあることも多く、求人の数が安定しているのも工場勤務の魅力でしょう。

千葉の工場の求人は雇用条件として待遇が良い設定にされているので、地方からの応募も多く人気が高いです。

How To Change Your Career
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031