大規模の工場の整備のキャリアがある人が重宝される

プラントの定修の仕事は、機械設備の不具合や故障時の対応がメインとなり、各メーカーの製造現場では様々な設備のメンテナンスに詳しい人材が不可欠となっています。特に、国内や海外の大規模の工場において、長年にわたりプラントエンジニアとして活躍をした人や、機械整備の責任者を務めたことがある人は、大手から中小まで多くのメーカーから重宝される傾向が見られます。最近では、即戦力として指揮を執れるプラントエンジニアの中途採用に力を入れている企業が多くあり、キャリアに自信がある人は採用後すぐに専門分野のスキルを活かすことが可能です。なお、プラントエンジニアとして一つの企業内で長く働きたい人は、キャリア形成のサポートがしっかりと行われている職場を探すことが重要です。

機械工学に関連する学位を取得した人は高待遇で働ける

プラントの定修を主に担当するエンジニアを募集している企業は全国にたくさんありますが、特に大学院において機械工学に関する学位を取得した人は、定年まで高待遇で働くことが可能です。また、学位を取得した後に色々なメーカーを渡り歩いた人や、海外駐在員として長く現地のエンジニアの教育に携わった人は、ヘッドハンティングの対象となるケースも珍しくありません。そこで、学位や過去の職歴を活かしてプラントの定修の仕事をしたい人は、時間を掛けて様々なメーカーのエンジニアの働き方や将来性について調べるのがおすすめです。その他、時間があればプラントエンジニアの中途採用を行っている企業の転職希望者向けの説明会に顔を出すのも良いでしょう。

工場でよく使われる定修とは、定期修理を略したものです。工場では、定期的に設備の点検や修理をおこないます。

How To Change Your Career
Latest Posts
Calendar
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031